プロフィールはこちら

【YouTube】動画の共有をしたい場合に覚えておいた方がいいツールを紹介!

今回は、動画ファイルの受け渡しの方法について紹介していきます。

一般的に、動画の容量は大きく写真などとは違い、けっこう他の人と共有するのが大変ですよね・・・

いくつか方法があるので、参考にしてみてください。

この記事はこんな人におすすめ!

  1. 仕事で動画を共有する必要がある人!
  2. 動画を友人間で共有したい人!
  3. 動画をだれかに見せたいけど困っている人!

動画の共有方法はいくつかあるので、自分に合った方法を選びましょう!

動画を共有したい場合に便利な方法を3つ紹介!

Gigafile(ギガファイル)便で共有!

ギガファイル便で動画を共有している人はけっこう多いですね。

  • ユーザー登録不要
  • Webで共有可能
  • 共有したいファイルをアップして指定のURLをシェアすればOK!
  • 1ファイル100GBまでOK!

かなり簡単に動画をシェアできるので、便利です。

ギガファイル便のメリットは・・・

  1. すぐに共有URLを作成できる
  2. やり方も簡単
  3. ユーザー登録不要

こんな感じですね。

本当に簡単に動画を共有できるので、めちゃくちゃ便利です。

ただ、大量に動画を送るとなると、ちょっと手間が掛かってしまうので、大量の動画を共有する場合は他の方法がいいかと思います。

Dropboxの共有フォルダで共有!

わたしは主に、Dropboxで動画ファイルを共有していますね。

動画を送る側と貰う側で、Dropboxのアカウントが必要ですが一度作ってしまえば便利なのでおすすめ。

わたしの場合は、動画だけではなく画像や音声などもまとめて共有するので、Dropboxのようなクラウドストレージが便利。

Dropboxのメリットは・・・

  1. ファイルやフォルダごと共有できる!
  2. 写真や音声などもフォルダで共有OK!
  3. お互いに共有フォルダを管理できる!

こんな感じですかね。

わたしは動画の共有の数もかなり多いので、Dropboxが今のところは一番いいですね。

他にもGoogleドライブなどがありますが、正直使いやすさや使い慣れているかの問題なので、そこは個人の向き不向きですかね。

ただ、動画の共有をするにはある程度のアップロードの時間が掛かるのでその点は注意が必要。

手軽に短い動画を共有するとかなら、Dropboxは少し手間が掛かるので違う方法がいいかもしれませんね。

MacならAirDropも便利!

Mac同士やMacとiPhoneなら、AirDropで動画を共有できるので非常に便利ですね。

AirDropのメリットは・・・

  1. Apple製品同士であれば数秒で動画を共有できる
  2. 共有の方法も簡単
  3. 数分の動画であれば共有するには最強

こんな感じですね。

特に、iPhoneで動画を撮って、AirDropですぐにMacと共有できるのが素晴らしいですね。

また、他のMacユーザーやiPhoneユーザーとも動画だけでなく写真も共有できるので、AirDropという機能は非常に便利です。

また動画の劣化もなく送れるのですごいですよね。

LINEとかで動画を送るとかなり動画の画質が悪くなってしまうので、動画の共有には向いていません。

iPhoneユーザー同士であれば、AirDrop。

その他であればギガファイル便とかがいいんじゃないですかね?

まとめ

以上、動画共有の方法についての記事を書いてみました。

ある程度、仕事で動画の共有があり、数も多いのであればDropboxがいいのかなと思います。

 

ギガファイル便でもいけますが、動画の管理がちょっと大変なのかなと個人的には思います。

もちろん、ギガファイル便で動画の共有をしている人も多くいるので、これは使いやすさという点で選べば問題ないと思います。

Dropboxもギガファイル便も動画の質は大丈夫なので、自分に合った共有方法を選んでみてください!

また他にも良いツールがあるよ!という人は、コメントいただければ嬉しいです。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA