プロフィールはこちら

【子どもの泣き声が聞こえてくる?】古民家に住んでいて怖かったこと3選

さて、今回はわたしの住んでいる古民家で起こったというか、怖かったことを3つ書いていきます。

事前情報として、わたしは築50年の古民家というか日本家屋に住んでいます。

古民家関連の記事は、カテゴリから辿って色々と記事を読んでもらいたいのですが、かれこれもうすぐで2年くらいになりますね。

わたしが住むまでは5年くらい空き家だったみたいで、空き家活用ではないですが、しばらく空き家だったので割と安めに家を借りられることができました。

「購入したんですか?」とよく聞かれるのですが、購入していません。

まあ、お金もないですが古民家は買うのって、かなり難易度が高いと思いますね。

古いですし、どんなことが起こるかもわからない・・・

そういうわけで、古民家に住んでいて怖かったことを紹介していきましょう。

子どもの泣き声が聞こえてくる・・・

はい、初っ端から怖いレベルマックスです(笑)

わたしの住んでいる古民家の周りには、家が他に2件あるんですが、引っ越してきた際に挨拶もしたので、どのような人が住んでいるのかもわかっています。

2件とも高齢の夫婦で暮らしています。

 

幼い子どもを育てている家はないんですよね。

ある日の夜に「あ〜、あ〜」と子どもの泣き声のような声が聞こえてきました。

わたしは、なにかの聞き間違いかなと思ったのですが、耳を澄ましてみるとはっきりと聞こえてくるんですよね。

 

「あ〜、あ〜」って。

 

そのときに、なんで子どもの泣き声が聞こえてくるのか不思議で戸惑っていました。

しかも、けっこう家の近くで聞こえてくるもんですからパニック。

アンド、家には自分ひとり・・・

終わった・・・

このときほど、古民家に引っ越してきて後悔したことはないです。

訳あり物件か・・・と意気消沈していました。

ただ、しばらくというかずっと泣き声が続いているもんだから、「いつまで泣いてんねん!」と思ってきました。

その時くらいから、なんかおかしいな・・・と思い始めました。

そして、よくよく泣き声を聞いてみると・・・

 

 

猫の鳴き声でした。

 

 

恐ろしい。

ちょうどYouTubeに「メス猫の発情期の声」の動画があったので貼っておきます。

いやはや、猫の声にビビるとは思ってもいませんでした。

ただ、本当に夜中に家の近くで鳴かれたらびっくりしますよ・・・

家に帰ってきたら待ち構えていたあの生き物

過去に古民家に出てくる生き物という記事と動画を作りました。

古民家に出てくる生き物たちベスト5!あなたはどれが苦手ですか?

その中でも一番びっくりしたのが・・・

 

ゲジゲジなんですよね。

 

これはほんとうにびっくりしました。

家に帰ってきて、和室のある部屋にいくとめちゃくちゃデカイゲジゲジが君臨していたんですよ。

さすがに大きすぎてビビりました。

こんなデカイゲジゲジ、どっから入ってきたんだよ・・・って感じです。

やっぱり古民家って普通のマンションとかとは違い、どこからともなく虫が入ってくるんですよね。

虫は大の苦手とは言いませんが、さすがにデカすぎるゲジゲジは無理ですね。

あれくらいデカイ虫が出てくるのは勘弁してほしいですね・・・

なにかの音がする

古民家ってやっぱり古い家なので、色んなところにガタが来ているんですよね。

だからか、たまになにかの音がします。

時には、軋む音だったり、風の音だったりですね。

 

ただ、そのときは「パタッ、パタッ」という音がしたりしなかったり・・・

いつもの聞こえてくる音とは違っていたので、けっこうビクビクしていました。

意外とビビり(笑)

そのパタパタ音が気になりながらも、夜を過ごしました。

次の日に、確認してみると・・・

家の隙間の塞ぐために貼ったテープが剥がれて、風でパタパタと音を立てていました。

昼間に聞いてみると何とも思わない音も、夜に聞くと怖いもんですね。

まとめ

本当に怖い話というのはないんですけど、やっぱり古い広い家なのでこわいことはこわいんですよね(笑)

今のところ、怪奇現象みたいなのは全くないので大丈夫です。

また怖い体験談でもあればブログにしようとは思いますが、もう怖いことは勘弁です。

 

やっぱり住む家によって怪奇現象だったり怖い話はあるかと思うんですけど、わたしの家は単純に夜になると真っ暗になるので、怖いです。

これは都会に住んでいるとわからないですよね。

電灯とか明かりがあるだけで、人間って安心できます。

そういうのもあって、自分で道にソーラーライトとかも付けてみました(笑)

あまり照らしてくれませんが・・・

また、古民家関連の記事が書いていきますね。それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA